高速デジタル信号伝送特性測定技術

出典: finemems

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。

目次

項目の説明 【必須】

多層配線構造体における信号伝送線路のに高速デジタル信号伝送特性を測定評価する技術

システム構成 


図1に示すような、疑似ランダム高速デジタル信号発生装置、高周波コンタクトプローブ2セット、高速サンプリングオシロスコープから構成される測定システムにより、多層配線構造体における信号伝送線路の高速デジタル信号伝送特性を測定評価することができる。疑似ランダム信号を重ねて表示することにより得られるアイダイアグラムより、タイミングジッタ、ノイズジッタなどを評価することができる。

特製・性能・評価 


図2に示すように、多層配線構造体における信号伝送線路について、3次元電磁界解析シミュレーションツールにより線路のSパラメータ特性を求め、タッチストーンファイル形式により、高周波回路シミュレータ Agilent ADS に取り込んで、疑似ランダム信号発生回路と組み合わせることで、アイダイアグラムを求めることができる。これにより、測定結果との比較が可能となる。

結果・評価・実験との比較

マシン環境

文献情報,参考文献

コメント

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。


運営
(財)マイクロマシンセンター