ワイヤ状の有機半導体、導電性10倍、製造も容易、物材機構と静岡大

出典: finemems

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。

目次

記事

物質・材料研究機構と静岡大学のグループは、導電性が10倍程度高く製造も容易なワイヤ状の有機半導体を開発。ベンゼン環が5個つながったペンタゼンにメチルチオ基がついた分子を真空中でシリコン基板上に蒸着する。直径が20〜100ナノで長さが1〜5マイクロのワイヤ状に有機半導体の単結晶が自然と成長する。このワイヤ状の有機半導体を2本平行に成長させて電極をつなぎ、論理演算回路などに利用される多値トランジスタを作成。動作することも確認した。

文献

 日経産業新聞発行年月200 8 - 9-10 13面

著者

キーワード

ワイヤ状、有機半導体、導電性、物質・材料研究機構、静岡大学、ベンゼン環、分子ワイヤ、多値トランジスタ

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。


運営
(財)マイクロマシンセンター