水銀検出のための金ナノ粒子を用いたマイクロ流体センサの開発

出典: BeansCM

事例中の図を表示させるためにはログインして下さい。

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。

環境応用デバイス 環境センシング 分析対象
環境応用デバイス 環境センシング 分析項目 重金属
環境応用デバイス 環境センシング 検体認識物質 その他
環境応用デバイス 環境センシング 手段 光(SPR、FL、Raman、Etc.)


項目の説明 【必須】

環境水中の水銀を定量するための金ナノ粒子を用いたチップデバイスを開発した。ローダミン6Gで標識した金ナノ粒子を用い、チップ上で蛍光検出することにより水中の水銀を7 nMの検出限界で分析することを実現した。

特性・性能・評価

図1にマイクロデバイスの流路模式図を示す。水銀を含む試料、水、ローダミン6G標識金ナノ粒子を下から導入し、混合を促進させるために横の流路からperfluorodecalinを導入し、長い円形の流路中で混合して中央部の深い流路で蛍光検出を行った。図2に用いた金コロイドのTEM像を示す。

図3に示すとおり、水銀濃度が高くなるにつれ、ローダミン6Gが放出されて蛍光を回復し、直線的な検量線が得られた。検出限界は7 nMと見積もられた。

図1
図2
図3

文献情報,参考文献

GOLD NANOPARTICLE-BASED MICROFLUIDIC SENSOR FOR MERCURY DETECTION Josiane P. Lafleur, Thomas Glasdam Jensen and Jörg P. Kutter Technical University of Denmark, DENMARK Proceedings of Micro Total Analysis Systems (microTAS) 2011, pp. 1317-1319.

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。