マイクロ流路を用いた一細胞の高効率トラッピング

出典: BeansCM

事例中の図を表示させるためにはログインして下さい。

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。

健康医療応用デバイス 応用分野 検査診断
健康医療応用デバイス 大きさ 細胞
健康医療応用デバイス 原理 物理(流体、熱、圧力、変位、硬さ)
健康医療応用デバイス 原理


概要

東京大学 竹内昌治研究室で提案された粒子や細胞のトラップが可能なマイクロ流路を拡張した一細胞トラップ流路を発表した(図)。二層のSU-8モールドで段差型バイパスを作製し、メイン流路の距離を振ってトラップ成功率を評価している。利用した細胞は非接着細胞のEG7という細胞であり、流路材料は従来同様のPDMS/ガラスである。長時間の観察を行い、細胞の流失や生死率と流速、トラップ率、メイン流路長の関係を評価し、流路内での細胞培養最適条件を検討した。予稿の段階では細胞が悪影響を受けずに12時間の安定した培養が可能と述べてあったが、ポスター発表の際には更に細胞分裂後の娘細胞が下流のトラップ領域に捕捉されるところまで示していた。


図 マイクロ流路を用いた一細胞の高効率トラッピング

文献情報,参考文献

[1] M.P. Lutolf et al, Perturbation of single hematopoietic stem cell fates in artificialniches, Integr. Biol., 1, pp. 59 – 69, (2009).

[2] D. Di Carlo et al, Single-cell enzyme concentrations, kinetics, and inhibitionanalysis using high-density hydrodynamic cell isolation arrays, Anal. Chem.,78 (14), pp. 4925-4930, (2004)

[3] S. Faley et al, Microfluidic platform for real-time signaling analysis of multiplesingle T cells in parallel, LOC, 8 (10), pp. 1700-1712 (2008)

[4] D. Wlodkowic et al, Microfluidic Single-Cell Array Cytometry for the Analysisof Tumor Apoptosis, LOC, in press (2009)

[5] M. Khine et al, A single cell electroporation chip, LOC, 5 (1), pp. 38-43 (2005)

[6] W.H. Tan and S. Takeuchi, A trap-and-release integrated microfluidic systemfor dynamic microarray applications, PNAS, 104 (4), pp. 1146-1151 (2007)

[7] K. Iwai, N. Misawa and S. Takeuchi, Dynamic microfluidic devices with nanochannelsfor the array of 1micron-sized objects, Proc. Micro Total AnalysisSystems 2008, San Diego, U.S.A., pp 474-476 (2008) Thirteenth

←この記事が参考になった方はボタンを押して投票して下さい。